2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

英語雑記帳

2015年1月 4日 (日)

plunger

今年はじめレッスンで「plunger」という単語が出てきました。

「トイレが詰まった時にシュポシュポするあれです」と説明しましたが、日本語名を知らないことに改めて気づきました(もちろん生徒さんも知らない)。 辞典には何て説明してあるんだろうとリーダーズ英和辞典を見てみると、「《長柄の付いた》吸引用ゴムカップ、ラバーカップ」とありました。 こういう簡単な単語って編者には案外やっかいなんだろうな、と妙に感じ入ってしまいました。
*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

2013年12月11日 (水)

trailer

 ハリウッドって予告編(trailer)を作るのがほんとうまい。新しいゴジラ(Godzilla)のことですけど。98年版には笑ってしまったけど、今度のは怖そうだ。そしてあの鳴き声。やっぱりあの鳴き声(雄叫びか)ないとゴジラじゃない。

 ところで「trailer」は「後からついてくるもの」という意味です。だから「トレーラー」は車に引っ張られて後からついてくるのですね。

 ではなぜ映画の予告編も「trailer」と呼ぶかというと、昔は予告編を本編の後に見せていたそうです。本編の後に出てくるからtrailer。でも本編が終わると席を立つお客さんが多く、あまり効果がなかった。それで今のように本編の前に持ってくるようになったのです。そして呼び名がそのまま残ったということなんです。

 英語のサイトで見つけた情報ですがほんとだろうね。

*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

2013年12月 8日 (日)

コンマをつけて

 自分が道民だからでしょうか、クラーク博士の言葉のカタカナ表記が気になります。たいてい書かれているのがこれ:

 ①「ボーイズ・ビー・アンビシャス!」(Boys be ambitious!)

 でもこれって学生たちに呼びかけているのだから、最初のボーイズで区切られているわけです。だからカタカナで書くならこう:

 ②「ボーイズ、ビー・アンビシャス!」(Boys, be ambitious!)

 実は今朝の道新にも①で載ってました。地元なんだから正しく書いてほしい・・・。

*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

2013年12月 7日 (土)

カンニング

 「カンニング」が和製英語であることはけっこう知られています。英語では「cheating」といいます。「cheat」は、ずるをするとか不正をするという意味。

 でも「カンニング」という英語もちゃんとあって、スペルは「cunning」。意味はずるいとか狡猾なという意味です。この意味から試験の不正行為を表すようになったのではないでしょうか。ちなみにwikipediaによると、和製英語の「カンニング」は明治時代までさかのぼるようですよ!

*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

2013年11月29日 (金)

自分も大差ないよ

久々にハワイ大学時代の旧友からメールが届きました。
数年ぶりなので近況報告が主ですが、職場でパソコンを使うのに苦労している様子。

英語ではパソコン普及後に生まれた世代を「digital native」(デジタルネイティブ)と呼びます。
それ以前に生まれ育った世代は「digital immigrant」。日本語だと「デジタル移民」。

で彼は自分を「digital POW」だと書いています。
POWは「Prisoner of War」つまり捕虜ですな。

デジタル捕虜・・。
PCの前に縛られて座らされている姿が目に浮かぶ・・・。
(友よ、戦友がここにおる)

*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

2013年11月21日 (木)

英語のようで英語でない

 そういえばベビーパウダー(baby powder)のことを、子供の頃シッカロールと呼んでいました。なぜだろうとネットで調べてみると、シッカロールって登録商標なんですね!おまけに英語じゃない。1906年(明治39年!)に和光堂から発売された、国産初のベビーパウダーだそうですよ
(もちろんいまも現役)。

 名前は「乾かす」を意味するラテン語のシッカチオからということです(ロールについては不明)。

 そういえば天花粉とも呼んでたっけ・・。 

*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

2013年11月18日 (月)

偽装

 最近は偽装のニュースばかりですが、私が遭遇した一番おバカな「偽装」は空のカセットテープです。本来ならテープが巻いてあるところに、茶色の塗料が丸く塗ってあるだけという代物! いやもう30年以上前のアナーバーでのお話し。当然お店に返品。店員もあきれていましたよ。

*偽装表示:「false labeling」

*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

2013年11月15日 (金)

funny bone

 そういえばもう長いこと、肘をぶつけてジ~ンとなるあの感覚を体験していないことに気づきました(なんでこんなことを考えたんだろう)。

 英語ではああいう時「I hit my funny bone」と言います(funny boneだよ!)。

 そういえば日本語には「膝が笑う」という表現がありましたな(死語か?)。

 両者の感覚はぜんぜん違うけど、関節(joint)ってなんかおかしなところなのですね。

*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)

2013年11月11日 (月)

feet

今朝の「あさ○ち」の食材で思いだしたことがひとつ。 

ハワイで語学留学していた頃、友人の誕生日に中華料理を食べに行きました。
ローカルが行く小さなお店です。
一人一品ずつ選ぶことにし、
自分は「duck feet」を選びました。
もう頭の中は「きつね色のおいしいもも肉」でいっぱいです。

ところがお店の人が運んできたのは
山と盛られたカモの足先(しかもしょうゆ色)・・・。
まさか足先なんかほんとに食べるわけないと思い込み、
メニューの「feet」を「leg」と解釈して注文したのでした。

みんなから大ブーイング。
「気持ち悪~い」とまで言われてしまった。
おまけに食べるとろなんて水かきしかない・・。
もちろん誰も手をつけない。
しかたないので責任をとって一人で食べましたよ一皿。
それはもう「しゃぶる」に等しかったです・・。
 
*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

2013年10月29日 (火)

聞きまつがえ

 ハワイ大学の演劇科では西欧演劇の他にアジア演劇も上演します。時には東西の要素をまぜた出し物も。そんな時はよく「黒子」が登場します。これを演劇科ではkoken(=後見)と呼んでいました。わたしこれ3回くらいやりましたかね。

 ある日、学部の劇場裏でクラスメートと話しをしていた時のこと。
私「ところでkokenやったことある?」
友「(なぜか急にひるみながら)え?ないよ。なんで、やったことあるの?」
私「あるよ、けっこう楽しかったよ」
友「(ますますひきながら)・・・そうなの」。
私「○○先生の演出の時、役もらえなくて代わりにやらされたんだけどさ」
友「・・・? 何のこと言ってるの?」
私「だからkokenだよ」
友「・・・あー、koken(後見)! cocain(コカイン)って言ったのかと思ったよ」・・・!

私が言ったのはコーケン、あなたが聞いたのはコケイン、そんなんやるわけないだろ!

*******************************
英会話 個人レッスンin札幌(南区&東区)
http://coco-eng.jimdo.com/

より以前の記事一覧